買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。
本日リユースブックストアで「コードギアス 反逆のルルーシュ 5.1ch」を買取致しました。

コードギアス反逆のルルーシュは、2006年から2007年にかけて放送されたテレビアニメ。ガンダムシリーズなどを手掛けるサンライズが制作したロボットアニメです。監督に谷口悟朗、シリーズ構成に大河内一楼、音楽に中川幸太郎と黒石ひとみを起用するなど、SFテレビアニメの名作「プラネテス」を手掛けたスタッフが再結集しています。キャラクター原案は「カードキャプターさくら」などで知られる創作集団CLAMP。ロボットものでありながら、女性の目を引く美麗なキャラクターデザインとなっています。

物語の舞台は、神聖ブリタニア帝国に占領されたかつての日本、エリア11。私立アッシュフォード学園に通う高校生、ルルーシュ・ランペルージは、とある理由からブリタニアを憎んでいます。ある日シンジュクゲットーでテロに巻き込まれたルルーシュは、かつての親友だった枢木スザクと再会します。スザクはもともと日本人でしたが、日本占領後、ブリタニアの軍人になっていました。ルルーシュとスザクは、ブリタニア軍が狙っていたシェルターの中にいた緑の髪の少女、C.C.(シーツー)と出会います。この出会いをきっかけに、2人の運命は大きく変わることになるのです。

テロの最中、ルルーシュは誰でも1度だけ命令に従わせることのできる絶対遵守の力、ギアスを手にします。この力を手に、ルルーシュは念願だったブリタニアへの反逆を始めます。ブリタニアに反旗を翻すテロ組織「黒の騎士団」の先導者である仮面の男、ゼロとして。一方スザクは、ブリタニア軍の開発した人型兵器(ナイトメアフレーム)、ランスロットのパイロットとなります。日本人でありながらブリタニアのために戦うスザク。彼の戦う理由は、物語の中で明らかになっていきます。

そして物語のカギを握る謎の少女C.C.。彼女はいったい何者なのか、なぜルルーシュに手を貸すのか、ギアスとは何なのか。すべての答えを持ちながらも、彼女はそれを明かそうとしません。他にも黒の騎士団のエースパイロット・紅月カレンやブリタニア帝国皇女のコーネリアなど、魅力的なキャラクターが多数登場します。特に若本規夫さん演じるブリタニア皇帝の演説は、一度聴いたら忘れられません。一筋縄ではいかない絡み合ったストーリー、少ない戦力で強大な敵に立ち向かっていくルルーシュの作戦、小回りの利くナイトメアフレーム同士の市街地でのバトルなど、見どころの多い作品です。

ストーリーごとのふり幅の広さも、本作の魅力です。たとえばテロや政治的な駆け引きなどのシリアスな話もあれば、猫に盗まれたゼロの仮面を追いかける話や、学園祭で巨大ピザを焼こうとする話もあります。ルルーシュはテロリストでありながら普段は学生。スザクも軍人ですが普段はアッシュフォード学園に通う高校生です。こうした身近な存在が実は世間を騒がしているテロに大きく関係している、という現実を思い出すとハッとします。平和な日常とテロという二律背反を見事に描いた作品といえます。

「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」など、心に残る名言も多いコードギアス反逆のルルーシュ。このBOXではそうした台詞の数々を5.1サラウンドで聴くことができます。200分近くにおよぶ特典映像も収録されており、コードギアスの世界をさらに深堀できる仕様となっています。王道ロボットアニメとは一味違うピカレスクロマンの始まりを、このBOXで目撃してください。

リユースブックストアでは「コードギアス 反逆のルルーシュ 5.1ch」をはじめとするアニメDVDの買取を致しております。
読み終わったDVDなどがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事