買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。
本日リユースブックストアで「鋼の錬金術師 BOX SET-ARCHIVES- 完全予約生産限定 DVD」を買取致しました。

鋼の錬金術師は2003年から2004年にかけて放送されたテレビアニメ。原作は荒川弘が月刊少年ガンガンで連載していた少年マンガ。ダークファンタジーを思わせる世界観で、人気を博しました。鋼の錬金術師は2回テレビアニメが制作されており、本作は最初にアニメ化された、アニメオリジナル展開を含む作品です。テレビアニメ制作は、「僕のヒーローアカデミア」や「交響詩篇エウレカセブン」などで知られるボンズが手掛けています。

舞台は錬金術が発達した架空の世界。主人公のエドワード・エルリックは、弟のアルフォンス・エルリックとともに、亡くなった母親をよみがえらせようと人体錬成を試みます。人体錬成は錬金術の禁忌とされていましたが、幼い二人にとっては、母親を取り戻すほうが大事なことでした。しかし人体錬成は失敗。アルフォンスは身体すべてを、エドワードは右腕と左脚を失います。それから数年後。機械鎧(オートメイル)の義手と義足を持つ、最年少の国家錬金術師「鋼の錬金術師」となったエドワード。エドワードは、大きな鎧の姿となったアルフォンスとともに、旅をしていました。失った身体を取り戻すため、奇跡を起こすという「賢者の石」を探して兄弟の旅は続きます。

エドワードとアルフォンスという兄弟を中心に、錬金術にかかわる人々と世界の姿が描かれている本作。まず魅力的なのは、エドワードたちをはじめとするキャラクターたちです。金髪の三つ編み、赤いマント、オートメイルという特徴的な外見を持つエドワードは、少年らしさを感じさせながらも少年マンガの主人公らしいかっこよさを秘めています。身長が低いことを気にしており、身長の話に敏感なところもかわいいです。身長関連の話をしているときの表情や動きも、アニメならではのコミカルな動きをしています。アルフォンスは大きな鎧の姿をしているため、よく兄に間違えられます。巨体からは想像もつかないかわいい声をしていて、アルフォンスが少年であることをうかがい知ることができます。

猫が好きで、空洞の鎧の中に猫をかくまうこともしばしば。たまにケンカもする兄弟ですが、何よりもお互いを大切に思っています。アニメで一番うれしいのは、キャラクターに動きと声が付くこと。エドワードとアルフォンスの声は本当にキャラクターにぴったりで、「この人たち以外にエルリック兄弟はいない!」と思わせるほど。本作でエドワードを演じた朴璐美さん、アルフォンスを演じた釘宮理恵さんは、鋼の錬金術師が再アニメ化したときにも、引き続き同じ役を演じています。

そんな兄弟を見守るのが、幼なじみのウィンリィや、上司である焔の錬金術師のロイたちです。ウィンリィはオートメイルの技師をしており、いつも無茶ばかりするエドワードを心配しています。時には自ら危険な場所に赴く度胸も持ち合わせている、本作のヒロインです。ロイは頼れる大人の男で、女性人気が非常に高いキャラクター。水にぬれると無能になる、という一面もありますが、部下を大切に思いやる、情に厚い部分も持ち合わせています。焔を駆使して戦う姿はとてもかっこいいです。

アニメ制作当時は原作が完結していなかったこともあり、後半はアニメオリジナル展開となる本作。オリジナルキャラクターも登場し、原作読者でも予想がつかない展開にドキドキします。原作とは一味違った鋼の錬金術師の世界を、BOXで堪能してはいかがでしょうか。

リユースブックストアでは「鋼の錬金術師 BOX SET-ARCHIVES- 完全予約生産限定 DVD」をはじめとするアニメDVDや原作のコミックセットを買取致しております。
見終わったDVDなどがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事