買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。

 

本日リユースブックストアで「赤髪の白雪姫 コミックセット」 を買取致しました。

 

 

繊細な筆致で描かれる、働く女子の恋愛ファンタジー少女漫画!実は姫君だった、なんて特別な出自を持つわけでも何でもない白雪は、ただ人より派手な赤い髪を持って生まれただけの普通の女の子。そんな彼女が、珍しいその容姿を聞きつけた愚物と名高い王子に愛妾として求められ、バカにしていると憤慨し逃げ出すところから物語が始まります。

国を出ようと逃げ込んだ先の森で出会った謎の少年・ゼンとその仲間二人。さながら「運命」の出会いを果たした白雪は、自分を助けてくれた謎の三人組が隣国の第二王子とその護衛騎士であることを知ります。誘われるままに隣国へと移り住むことを決意した白雪は厳しい試験を突破し薬剤師として王城に仕えることが決まりますが、身分の違いが徐々に近づいていく二人の間には存在しており……。しかし、周囲の視線を跳ね返せるほど強くなろうと努力を重ね、認めてもらうために必死になれる二人を好意的に見る諸侯も増えつつあり、今後の二人がどのような関係を築き上げていくのか目が離せません。

 

この白雪はものすごくしっかりした主人公で、大抵のことは一人でこなしていける器用さと現実的な思考、そして理想や夢に向かって進み続けることができる心の強さに、思い立ったらすぐに駆けだす行動力をも兼ね備えた、かなりアクティブで男前な女の子です。女子が憧れる女子、とでも言いましょうか。うじうじするところのない、竹を割ったような性格の清々しい主人公です。

一方、ヒーローのゼンも王子らしからぬ距離の近さや気さくで既成概念にとらわれない柔軟な思考を持つ一方で、王族としての立場や自分が今背負うもの、これから背負わなくてはいけない責任についてもきちんと理解をしている人物として描かれます。身分を隠して市井に降り立ち、民に寄り添った視点を忘れない彼は諸侯だけではなく貴族を嫌う国民からも信用を勝ち取ることがままあり、人たらしの才能をのぞかせることも。

メイン二人だけではなく、彼らを取り巻くキャラクターも魅力あふれる名脇役揃い!キャラクターひとりひとりに信念や目指すものがあり、誰もが主人公になれるほどの濃いキャラクターたちが物語を彩ります。

 

作品の大きな魅力の一つが、圧倒的なデザインのセンス。回ごとに変化を見せるキャラクターたちの私服や、特別な時に着る礼服やドレス、騎士の装い。ファッションもすごいですが、何気ない背景に描かれる街並みや建物、森の木々や海といった部分まで手が込んでおり画面の密度が高いのです。キャラクターが描かれていないコマも飽きずに楽しむことができるほど。祭りの場面などではファンタジーの世界観における「エキゾチック」さが表現され、賑やかで素朴な空気をそのままうつしとってきたかのようです。モブ一人とっても生き生きとした表情やしぐさをしており、雑に扱われることなくこのファンタジー世界に暮らす何でもない人の一人、として溶け込んでいることが伺え、まるで本当にその世界を歩いているような気分を味わうことができます。

人間だけではなく、植物や鉱物、料理といった小道具の一つ一つに至るまで丁寧かつ美しい造形をしており、創作された架空のものであることを忘れてしまうほど惹きつけられます。そういったものにまつわる細かな設定も作中で解説されており、要所要所で挟み込まれる「異世界」要素がこの作品をただのヨーロッパ風、ではなくファンタジーものに仕上げてくれているのです。

衣装替えもさることながら、作中の時間経過に伴って髪の毛が伸びたり、身長が伸びたりと細かいところまで注意されて描いてあり、そういった部分も嬉しいポイントです。

 

もう一つ、ファンタジー設定の少女漫画で十代の女子が主人公であるにも関わらず、非常に自立した二人の恋愛が描かれていることも本作の大きな特徴です。

ヒロイン・ヒーロー共に若いながらも互いに背負うものがあり、大人びています。だからこそ、変にべたべたしすぎないため見ていてさっぱりしており、読みやすいのです。自分の果たすべきこと、追いかけたいものや夢を各々が持っており、それを応援し合っているからこそ離れ離れになることを恐れない。離れるのが怖い、絆を確認したい、という展開になる作品が多く出回っている中、互いの健闘を祈り笑顔で送り出すことができる主人公たちがどれほどいるでしょうか?

理想と現実の違いをきっちり弁えた上で、なお理想を追うことができる心の強さ。そして、お互いの可能性を信じているからこその強さ。作中で全く違う環境、遠い距離にそれぞれ身を置くことになる二人には悲壮感がなく、「相手に恥じないようにしっかりやろう」という前向きな意思が満ちています。思い合っているから嘆くのではなく、思い合っているから強くなれる、戦友のような関係性を楽しむことができるのも、作品の大きな魅力です。

 

守られるばかりの主人公に飽きてしまった、けれど男勝りな女子ではなくて、芯の強さで魅せてほしい……。「赤髪の白雪姫」は、そんな読者にぴったりの作品です。ぜひご覧になってください!

 

リユースブックストアでは「赤髪の白雪姫 コミックセット」をはじめとするコミックセットを買取致しております。

 

読み終わった本などがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

 

おすすめの記事