買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。

本日リユースブックストアで「翠星のガルガンティア Gargantia on the Verdurous Planet Blu-ray BOX」 を買取致しました。

翠星のガルガンティアは2013年に放送されたテレビアニメ。「魔法少女まどか☆マギカ」などを手がけた虚淵玄さんが脚本を担当しています。アニメーション制作は「攻殻機動隊」シリーズなどで有名なProduction I.Gです。

舞台となるのは未来の地球と宇宙。宇宙に進出した人類と地球に住む人類はほとんど接点を持たず、独自の文化を形成していました。
宇宙に住む人類は「人類銀河同盟」という組織を結成し、ヒディアーズという宇宙生命体との戦いに明け暮れていました。人類銀河同盟のレド少尉は、人工知能が搭載された愛機のチェインバーとともに、戦い以外を知らない日々を送っていました。しかし戦いの中事故に巻き込まれたレドは地球へ落下。海面が上昇し、水の星となった地球でレドとチェインバーは孤立してしまいます。
地球に住む人類は船団を組み、水の上を進みながら生活しています。そんな船団のひとつ、ガルガンティアに身を寄せることになったレドたち。ガルガンティアに住む少女エイミーたちとの交流を通して、レドたちは地球の生活になじんでいきます。しかし地球の海底には、ヒディアーズにまつわる大きな秘密が隠されていたのです。
全13話という短いシリーズでありながら、幾重にも織り込まれた伏線の回収が見事なストーリー。特に最終回は涙なしでは見られません。

翠星のガルガンティアで特徴的なのが言語。地球と宇宙では異なる言語を用いている、という設定になっています。こうした設定があっても、他のアニメや映画ではなぜかキャラクター同士の言葉が通じている、ということも多いです。しかし翠星のガルガンティアでは、徹底して言葉の壁を描いています。
たとえばレドの視点では、エイミーたちが意味不明な言葉を話しているように見えます。しかしエイミーたちの視点では、逆にレドとチェインバーがわけのわからない言葉を使っているように描写されています。こうした言語の表現から、言葉の通じない場所で遭難してしまったレドたちの不安を自分のことのように感じることができます。また、言葉の通じない相手とどうコミュニケーションをとるかに苦心する地球の人々の気持ちも伝わってきます。

物語が進むにつれ、レドとチェインバーは地球の言葉を覚えていきます。人工知能であるために流ちょうに発音ができるチェインバー。それとは対照的に慣れない発音に苦戦し、片言で話すレド。二人の対比もとても面白いです。
特にレドは、普段は軍人のような堅苦しい話し方をするキャラクター。そんなレドが地球語を話す時に見せるぎこちない発音や片言の文章が微笑ましく思えます。

人工知能搭載のロボットが出てくるというのも、翠星のガルガンティアならでは。チェインバーはパイロットを支援するためにつくられた、マシンキャリバーというロボット。ロボットでありながら饒舌に話すキャラクターとして位置づけられているというのが斬新です。こうした設定のおかげで、今までロボットアニメはあまり見てこなかったという人も最後まで楽しんで見ることができたそうです。
基本的には感情を持たず、理詰めで淡々と話すチェインバー。そんなチェインバーのセリフは笑えるものから胸に響くものまでさまざまです。
人間のキャラクターだけではなく、ぜひチェインバーにも注目してみてください!

この翠星のガルガンティアは、もともと新しい世界に出ていく新社会人へのメッセージとしてつくられた、という経緯のある作品。見知らぬ土地、通じない言葉、異なる文化。こうした不安になりそうな状況は、たしかに現実にも通じる部分があります。それでも新しい世界に出ていくのは決してマイナスなことばかりではない、という希望を持てるストーリー。不安を抱えている人や新しいことにチャレンジしようと思っている人には、とくにおすすめしたい作品です。

リユースブックストアでは「翠星のガルガンティア Gargantia on the Verdurous Planet Blu-ray BOX」をはじめとするアニメDVDを買取致しております。

見終わったDVDなどがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事