買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。

本日リユースブックストアで「「おいしさ」の錯覚 最新科学でわかった、美味の真実」を買取致しました。

美味しいをひも解く事で、食に騙されていたかを知る一冊

イグ・ノーベル賞を受賞した経歴をもつ筆者:チャールズ・スペンスの伝える。おいしさの真実。

チャールズ・スペンスは、心理学者であり、ポテトチップスを噛んだ音が大きいほど「新鮮」と感じるという画期的な研究によりイグ・ノーベル賞を受賞した。なんとも面白い研究テーマだと思う人は多いのではないでしょうか。

美味しさは味覚だけでは完結することのない物であり、視覚や嗅覚に触感など様々な感覚が相俟って美味しさを得る事ができるため、この筆者の伝える美味しさにはとても興味が持てる。

テレビ番組で、超一流店で出される料理はインスタント食材や冷凍食材を立派な器に、豪華に盛り付けるだけで、食べたものは美味しさを一流の味と錯覚するほどのことが起きる。食べている人たちは、流石一流店の味と言うもなんとも恥ずかしい限りと視聴者は思うだろうけども、実際のところ、本書のテーマとなっている「おいしさ」の錯覚は、こういったところからも感じる事ができる。

それほど、人間の味覚、嗅覚、視覚、聴覚、触覚の手や舌など、人間が食べ物を食べるときの全ての感覚は曖昧でもあり、雰囲気などの情景にも騙されやすいといったことも分かる。

そのため、確かにCMで流れるピザのチーズのとろける感じや、コトコト煮込まれたカレーなど、空腹でなくても食べて見たいといった感じも生まれる。これも人間の脳の働きなどが関係してくると言えるでしょう。

そういった、観点を科学的側面から教えてくれるのがこの本の良いところでもあります。

食に興味がない方も、科学的要素を知る事で、騙されたと思って試したくなる内容が詰め込まれた一冊ですので、是非一度読んでみてはいかがでしょう。食に対するイメージが変わる事間違いなし。

リユースブックストアでは「「おいしさ」の錯覚 最新科学でわかった、美味の真実」をはじめとする育児・くらしの本を買取致しております。

読み終わった本などがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事