買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。
本日リユースブックストアで「狼と香辛料 Blu-rayBOX COMPLETE EDITION 完全初回限定生産」を買取致しました。

狼と香辛料は、2008年に第1期が、2009年に第2期が放送されたテレビアニメです。原作は支倉凍砂のライトノベルで、電撃文庫から刊行されています。テレビアニメ制作は第1期がIMAGIN、第2期がブレインズ・ベースとマーヴィージャックとなっており、シリーズごとに異なります。しかし監督、脚本、音楽、キャストはどちらのシリーズも共通なので、大枠にブレはなく、安心して見ることができます。アニメオリジナルキャラクターも登場し、アニメならではの展開があるのも面白いです。

舞台は中世ヨーロッパを思わせる架空の世界。行商人のロレンスは、ある日麦の取引に訪れた村で、荷台に何かが紛れ込んだことに気づきます。荷台にいたのは、狼の耳と尻尾を持つホロという少女。ホロの正体は豊穣をつかさどる神で、本当の姿は大きな狼でした。ビジュアルはもちろん、おいらん言葉で話すホロの口調がかわいいです。故郷のヨイツという村に帰りたい、と言うホロは、ロレンスの旅に同行することになります。自らを賢狼と自称するホロは頭の回転が速く、知識も豊富。ロレンスの行商のパートナーとして、さまざまな取引を成功に導いていきます。しかしホロとロレンスは、世界経済をめぐる大きな波に、いつの間にか巻き込まれていくのでした。

第1期ではホロとロレンスの出会いから、タイトルにも登場する香辛料に関する取引、さらに貨幣に関する取引が描かれます。原作では1巻と2巻のエピソードにあたります。第2期では原作の3巻と5巻、6巻に該当するエピソードが描かれます。ホロをめぐって争うことになったロレンスと、少年・アマーティの物語。そして女商人・エーブとともに、材木と毛皮をめぐる取引に挑む物語。どちらも見ごたえのあるエピソードで、ホロとロレンスの関係にも少しずつ変化が訪れます。経済ファンタジーとしても、ホロとロレンスのラブストーリーとしても楽しめる作品です。

ファンタジーでありながら、剣も魔法も登場しない本作は、経済活動をリアルに描いていることで定評があります。貨幣取引をめぐる事件や、毛皮取引に関する事件など、ロレンスが巻き込まれていく事件はどれもリアリティがあります。ロレンスは時おり超常的なホロの力を借りることはありますが、基本的には知識や商売の経験を駆使して危機を乗り越えていきます。商人同士の交渉シーンは、まるで火花が散るバトルのように緊張感や高揚感があり、ぐっと引き込まれるものがあります。商人にとっての仕草や会話は、剣や魔法に匹敵するものなのです。

また、ホロとロレンスのテンポの良い会話も本作の魅力のひとつ。ホロ役の小清水亜美さんとロレンス役の福山潤さんは今でこそ多くの作品で共演していますが、パートナー役となったのは本作が初めて。しかし息の合った演技で、ウィットの効いた会話に華を添えます。

背景や音楽も狼と香辛料の世界をしっかりと再現しています。実際のヨーロッパの街並みや農村を思わせる美麗な背景に、中世ヨーロッパの民族音楽を感じさせるような劇伴が寄り添います。まるで一緒にホロとロレンスと行商の旅に出ているかのような気持ちになれます。頭を使った物語が好きな方、王道以外のファンタジーに触れたい方に特におすすめの、狼と香辛料。BOXでは第1期と第2期のエピソードに加え、テレビ未放送の話数も見ることができます。ぜひBOXで狼と香辛料の世界を、映像でも楽しんでみてください。

リユースブックストアでは「狼と香辛料 Blu-rayBOX COMPLETE EDITION 完全初回限定生産」をはじめとするアニメDVDの買取を致しております。また原作である「狼と香辛料」ライトノベルも買取致しております。読み終わった本などがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事