買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。
本日リユースブックストアで「教科書ガイド三省堂版完全準拠ニュークラウン 3年―中学英語」を買取致しました。

中学3年生になると中学1、2年生の英語の基礎力+ αの部分が多くなります。新出の文法事項は現在完了形と関係代名詞、分詞構文と修飾の方法を学習します。そのため、英文自体の量が増え教科書本文の内容も中学1、 2年と違い複雑な文の構造になってきます。中3になると自力ではなかなか英文法の解釈や教科書の本文を理解することは難しい場合が多くなります。そのような時に利用したいのは教科書ガイド三省堂版完全準拠ニュークラウン 3年―中学英語です。

教科書ガイドは各レッスンの最初の部分にそのレッスンで習う文法事項の説明が詳しく載っています。ここで文法の確認をしその後教科書の本文の内容の説明という構成です。本文の説明は文法上のポイントが簡単にあり、次のページで重要な部分の説明をしているという流れになっており、ポイントをまずおさえ、その後で詳しく学習するということが自然にできる流れになっています。ポイントの部分を読むだけでも非常にためになります。

進出の単語は意味はもちろんのこと、発音も発音記号とカタカナでの発音表記に対応しているので効率よく単語の勉強ができるようになっています。教科書に書かれている内容は全て網羅されているので、学校の授業でよくわからなかったところや復習をしたいところだけを学習しても十分効果があります。

レッスンの最後には学習した文法のまとめがあり、レッスンの中で細かく出てきた学習事項を一括して確認し、復習ができるようになっています。またテスト対策が3レッスンごとにあるので、中間期末の定期テスト対策として簡単な確認に使うことができる構成で、ガイドとしての役割と簡易的な問題集の役割もあります。このごろは学校でも英語の辞書を使わずに付属のワーク教材とノートを使って本文の意味、単語の意味、内容の確認を行います。家庭に辞書がないということも考えられますので、辞書代わりとしても教科書ガイドは有効に使えます。

もちろん復習だけではなく、予習のときに使うと効果的です。次の授業で学習する教科書の本文内容の音読をするときに教科書ガイドの本文の箇所を見ながら発音します。発音は教科書本文の箇所に青字で書かれているので、最初にそれを見ながら発音し、そのあと教科書を見て、カタカナでの発音がなくても発音できるか確認していくと効果的に学習ができます。

もちろん教科書本文の日本語訳もあるので、自分で予習ノートに本文を書き、日本語訳をしてみて、あっているかどうかを教科書ガイドで確認していけば予習は完全になります。

教科書ガイドの英語は特に本文の発音と日本語訳がのっていることが素晴らしい点ですが、それ以外にも英会話的なポイントも多数あり、また、英文法の解説も詳しいので、参考書としても使える中学生必携の英語学習本です。英語を学ぶ方はぜひ手に取ってみてください!

リユースブックストアでは「教科書ガイド三省堂版完全準拠ニュークラウン 3年―中学英語」をはじめとする教科書など参考書の買取を致しております。
読み終わった本などがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事