買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。
本日リユースブックストアで「一億人の英文法」を買取致しました。

「一億人の英文法」は今までの英語文法の参考書とは一味違う英文法書です。サブタイトルは『すべての日本人に贈る「話すため」の英文法』となっているように受験用の文法をマスターするための参考書というよりも英語を使う必要が多い、または使う必要がありそうだ、でも英語が根本的に理解できていないという人が使うべき参考書です。

「一億人の英文法」がよく見かける英文法の参考書と大きく違っている点は『巻末に索引がない』ということです。英文法書は巻末に英語と日本語の索引がついているのですが、本書は索引がありません。文法的に不明な部分が出てきたり、語句のわからない部分があっても巻末の索引で調べることができません。本書の構成が一度通読し何がどこに書かれているのかということを把握した上で、文法的な不明点を何度も読み返すというスタイルになっているのです。

ただ、目次は詳しく項目別に分かれているので、こちらを索引代わりに使って調べながら読むということは可能です。『すべての日本人に贈る「話すため」の英文法』なのでネイティブが話しているときの感覚に注目して解説している部分が多いです。理論的には分かっていても、どうしてそうなるんだなどとしっくりいかなかった部分がある場合、解説やコラムを読むことにより疑問点が解決することが多いです。

本書ではできるだけ難解な文法用語を使っておらず理解しやすいように噛み砕いて書かれているのでわかりやすいです。これから英語を本格的に勉強しよう、英語を使って会話をしたいという高校生以上の方を対象とした英文法書なので、実用的な例文も多いですし、イメージをつかみやすいようにイラストもたくさん使用されています。

一般的な英文法参考書はわからないところを調べるために使うことが多いのですが、本書の場合は最初から順に読み進めていくと理解が深まる構成になっているので、物語の本を1冊読むような感覚で読み進めていく類の英文法書です。

高校生ならば1週間から10日位で読破することを勧められています。そして何度も読み返すことが必要でしょう。とくにPART1の英語文の骨格の章は何回も何回も読み直して完全に理解してほしい部分です。また、PART5の時表現の章では、現在過去未来という英語の時制について解説されています。この章も重点的に読み込んで理解をしてほしい部分です。

「一億人の英文法」は今までの英文法書とは違い、とにかく英語とはどういうものであるかという根本的な部分についての解説を重点的にしている英文法書です。英語の勉強をこれから始めようと思っている方も、ある程度英語の勉強を進めていて実力がついている方にとっても、有益で役に立つ新たな知識をつけることができる読み物としての英文法参考書です。ぜひご覧になってください!

リユースブックストアでは「一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)」をはじめとする英文法などの語学書・辞書の買取を致しております。
読み終わった本などがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事