買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。
本日リユースブックストアで「ミクロ経済学の力」を買取致しました。

私は大学に入って、必修の授業としてミクロ経済学の勉強を始めました。1年生の頃は基礎的なことを中心に勉強していたのですが、2年生になって本格的な内容を学ぶことになりました。2年生の経済学の授業の参考書として、この「ミクロ経済学の力」を使うことになりました。

以前からこの参考書の存在は知っていて、興味はありましたが値段が高いので買わずにいました。経済学の授業で使うようになって読み始めたのですが、かなり難しい内容を扱っているなと感じました。今までのミクロ経済学の授業では、数学をあまり使うことはなかったのですが、この本では数学を使う場面が多いという印象でした。1年生の頃の基礎的な内容は簡単で、経済学はたいして難しくはないと感じていたのですが、この本を読んでみてミクロ経済学は奥が深いなと思い、さらに熱心に勉強しなければならないなと思いました。

私がこの本を読んでいて特に興味を持った内容は、TPPについての内容です。TPPでは、コメの自由化を行ってコメの関税が撤廃するということなどが議論されていますが、コメの自由化によって米農家などの生産者にどれほどの損失が生じるのか、などについて詳しく説明されていて面白いなと感じました。またミクロ経済学の一分野である「ゲーム理論」に関して多くのページが割かれており、特に難しいと感じる人が多いゲーム理論をしっかりと学ぶことができます。この本の値段は高く、学生には手を出しにくいかもしれませんが、経済学部の方や商学部の方には十分買う価値があると思います。

リユースブックストアでは「ミクロ経済学の力」をはじめとする経済学などのビジネス書の買取を致しております。
読み終わった本などがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事