買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。

 

本日リユースブックストアで「フロー体験 喜びの現象学 (SEKAISHISO SEMINAR)」を買取致しました。

 

集中力が増した状態のゾーンに入るために必要なフロー体験

 

「フロー体験 喜びの現象学」は、世界思想社から出版されているM.チクセントミハイによって著された書籍になります。同じ世界思想社からは同著者の「楽しみの社会学」や「フロー体験とグッドビジネス-仕事と生きがい」「スポーツを楽しむ-フロー理論からのアプローチ」といった書籍も刊行されています。

 

本書の初版は1996年8月ですが、現在も人気のある自己啓発本として多くの方から推薦されいる良作です。本のタイトルにもなっている「フロー体験」についてですが「一つのことに没頭することにより、他のことが気にならなくなる状態」のことを言います。

 

作者のM.チクセントミハイは「楽しみ」や「喜び」といった感情を研究してきた米国の心理学者ですので、喜び・創造:生活への深い没入過程などの状況を、本書では総して「フロー体験」とまとめています。フロー体験に入るには、達成する能力を必要とする、明確な課題に注意を集中している時だといいます。

 

例えば、小学生の時に友達と外で遊んでいるといつの間にか夕方になっていて家に帰らなけ得ればならないや、新作ゲームに熱中し、時間を忘れて気が付いたら通夜してしまった。新書を購入し、電車で読みだして集中しすぎて、自分が下りる駅を通り過ぎてしまった。といった状態を思い描いていただけると分かりやすいかと思います。何か一つのことに熱中し、日頃のストレスを忘れた経験をもつ人は多いのではないでしょうか。

 

これらはいずれもフロー体験を主軸にし、人生において、どういった思考や行動をとっていくべきであるか、ということを解説しています。かなり、難しい書籍になるので、読み進めるのはフロー体験しなければ読み進めるのは大変かもしれませんね。

 

日本においてもストレス解消の手段として、趣味やスポーツに読書と言ったことに没頭することが勧められていますが、より意識して行うことで、科学的根拠に基づいた幸福感を得ることもできるとされます。フロー体験はスポーツ選手のゾーン状態や、宗教や儀式におけるエクスタシーと表現される様な状態の事を指してもいます。

 

また、メディアで取り上げられる発達障害の一つ、ADHDにおいての特徴の一つに、特定のことにこだわりを持ち、そればかりを行うというがあるため、このフロー体験に深い関わりがあると考えられています。そして、フロー体験を生活に取り入れるための方法を学ぶための一冊です。

 

【目次】

第1章 幸福の再来

第2章 意識の分析

第3章 楽しさと生活の質

第4章 フローの条件

第5章 身体のフロー

第6章 思考のフロー

第7章 フローとしての仕事

第8章 孤独と人間関係の楽しさ

第9章 カオスへの対応

第10章 意味の構成

 

ゾーンやエクスタシーと同じ感覚を要する、フロー体験を自分の意識で発揮するためには、よほどの修行や鍛錬がなければ体験することは難しいのではないかとおもわれるでしょうが、しかし本来フロー体験は、誰でも体感することができることでもあり、何度も体験をしていくことで、より簡単にフローを行える状態になることができます。

 

あるバスケットボール漫画で注目されたゾーンといった方法は、簡単には入れない。その競技に真摯に打ち込み、尚且つかなりの実力がなければゾーンには入れないとされていましたが、フロー体験に関しては、誰もが体感することが出来るとされています。

ただし、気になるポイントは、過程に対して明確な目標があると言うことと、行動に対してフィードバックがある。挑戦と能力が釣り合っている。行為と意識が融合している。などの条件をクリアするということだとされます。

 

あれっ?やっぱり難しいんじゃないのと感じるかもしれませんが、何か特定のことをすれば、誰でも同じようにフロー体験を味わえるわけではないのですが、その過程は、それぞれ異なるので自分自身の能力や適性を知り、フロー状態になる方法を発見していくことが必要になります。本書を読むことで、にフローが得られるというものではないにしろ、充実した人生への道しるべとなる示唆と洞察力を高められるようにもなります。

 

どのようにして自分にとってのフロー体験を見つけるか本書に書かれているパターン別の方法を読み解きながら、自己分析を行いましょう。是非、フロー体験をしてみたい方など、自己啓発に興味がある方は是非、本書を手に取ってみてはいかがでしょう。

 

リユースブックストアでは「フロー体験 喜びの現象学 (SEKAISHISO SEMINAR)」をはじめとする哲学書・心理学書の買取を致しております。

 

読み終わった本などがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事