買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。
本日リユースブックストアで「ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術」を買取致しました。

「ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術」は、そのタイトル通り、昨年から今年にかけて大きく話題となり一般人の間でも広がりつつあるビットコインの仕組みや特徴の解説書です。海外で発売された「MasteringBitcoin」を日本語翻訳したものとなります。

この本の魅力は、まずビットコインとブロックチェーン技術についての解説書の決定版と呼ばれるだけのことはある、その情報量の多さにあると感じました。ビットコインについての解説は、新しく話題のジャンルであることからインターネット上の記事などでも読むことができますが、320ページにもわたるビットコインの基本からブロックチェーン、マイニングについての解説はなかなかありません。内容に余裕があるためか、解説を読んで疑問を感じるような部分には軒並み補足説明が入っており、この本を読むことでビットコインについて、かなり深い部分までしっかり理解することができました。

もう一つの魅力は、その内容の平易さ、読みやすさにあると思います。洋書の翻訳であり、「初心者にも簡単」などとタイトルでうたっていないシンプルな本であることから、多くの人はこれを手に取った際自分には難しそうだと感じてしまうかもしれません。しかしながら一度本を開けば、図表の多さ、そして文章の優しさに驚くこととなるでしょう。小さな文字がびっしりとページに書き込まれているわけではなく、沢山の図と表により専門用語を極力使わずに書かれた文章の内容を視覚化、分かりやすく説明する形の構成になっているのです。

その文章も数百文字程度で短く区切られていることから、読んでいて途中で疲れてしまうこともありません。そのため、むしろ初心者や中級者にこそお勧めできる本と言えます。またこの本は、あえて話をビットコイン以外の仮想通貨にまでは広げず、説明する内容を限定しているのも特徴です。そのため、イーサリアムやリップルなどの別の仮想通貨についてしっかりと学ぶためには他の本を読まなければなりませんが、理解に必要な前提知識などが大きく減る結果として、分かりやすい解説に一役買っていると感じました。情報量こそ多いものの分かりやすさを重視した解説書、「ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術」は、ビットコインや仮想通貨に興味のある人に広くお勧めできる一冊です。

リユースブックストアでは「ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術」をはじめとする暗号通貨などコンピュータの本買取を致しております。
読み終わった本などがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事