買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。
本日リユースブックストアで「バック・トゥ・ザ・フューチャー (名作映画完全セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ)」を買取致しました。

英語の学習を長続きさせるコツは英語の学習に使う教材と題材に興味を持ち楽しんで学習をすることです。その一つとして自分の好きな映画を題材に選び学習する方法があります。「名作映画完全セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ」はその学習を強力にバックアップしてくれる本のシリーズです。

英語の実力がまだまだだと考えている方が題材として使ったほうがいいと思う映画が「バック・トゥ・ザ・フューチャー 」です。「バック・トゥ・ザ・フューチャー 」は1985年のアメリカ映画です。軽快なやり取りが魅力的なSF映画で使われている英語自体はそんなに難しいものはなく、初級の英語学習者にも学習しやすい映画です。

もちろん映画自体も名作なのでストーリーが面白くどんな世代の方にも勧められる映画です。

ただ、英語のセリフのスピードがやや速いので、字幕を追うのは難しいところがあります。特にドクのセリフは非常に早口です。それをカバーするのが「バック・トゥ・ザ・フューチャー (名作映画完全セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ)」です。

「名作映画完全セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ」は映画のセリフの英文と日本語訳がすべて掲載されている好きな映画を使って英語の学習をするために作られた本です。映画のセリフの英文が見開きページの左側にあり、それに対する日本語訳がセリフと同じ列の右側のページに載っている見開き2ページ構成になっています。

ただ単純に英文と日本語訳を載せているのではなく、それぞれのセリフの中で注意すべき単語や連語は英文のページの右側に単語リストのような形で解説されています。また日本語訳のページの右端にも注意すべき語句や文の説明が詳しく書かれています。こちらを読むことにより英文の知識だけでなく、その背景事情まで詳細に書かれているので映画自体をより深く楽しめるようになりますところどころに映画の場面の解説コラムがあります。そのコラムは映画の一場面の中の小さな部分にポイントを当てて解説をしているのでマニアックで読んでいてためになります。

本書を使って英語学習する方法としては、分けられている場面毎に学習をするのが良いでしょう。本書では全部で10の場面に映画が分けられています。最初は始めの場面のセリフを読み込みます。その後に実際に映画を観ながらセリフを確認するという方法を何回も繰り返し、本書を見なくてもセリフが浮かんでくるようになるまで繰り返してみてください。

映画のタイムラインが場面ごとに書かれているので、この場面は何分から何分までの間ということがわかるようになっています。映画を早送りしたり巻き戻しするときの目安として使うことができて便利です。「名作映画完全セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ」はセリフの難易度で初級、中級、上級と分けられているのですが、「バック・トゥ・ザ・フューチャー 」は初級向けになっています。

映画自体は1985年に公開されたものなのでずいぶん昔の映画ではありますが、英文自体はスタンダードな日常会話の表現がほとんどですから、英会話の題材としてもお勧めの映画です。好きな映画を使って楽しみながら英語の学習をするための教材として「バック・トゥ・ザ・フューチャー (名作映画完全セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ)」は丁寧に詳しく書かれているので役立つことは間違いがありません。ぜひお手に取ってください!

リユースブックストアでは「バック・トゥ・ザ・フューチャー (名作映画完全セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ)」をはじめとする英語などの語学書・辞書の買取を致しております。
読み終わった本などがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事