買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。

 

本日リユースブックストアで「ハイキュー コミックセット」 を買取致しました。

 

春高バレーの中継に映った小さな巨人の姿に憧れた日向翔陽は、第二の小さな巨人となるべくバレーボールを始めます。しかし入学した中学校には指導者も部員もおらず、中学3年の夏大会は寄せ集めのメンバーで大会に出場することになりました。しかも、初戦の相手は「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター影山飛雄を擁する強豪校。

月日がたち小さな巨人と同じ高校に入学した日向はバレーボール部に入部しようとして、体育館で影山と再会します。低身長を補うほどの運動神経とバネを有する日向と、類い稀なる才能を持つ影山。独りでは決して見ることのできない「頂の景色」を見るため、烏野高校の仲間たちと全国大会を目指すことになりました。

作者は古舘春一。
集英社『週刊少年ジャンプ』にて201212月号から連載しています。
2018年現在、33巻まで発売されており、テレビアニメは第1期が20144月から放映されました。

成長と葛藤の青春スポーツ漫画

物語は二人の主人公たちが出会うところからスタートします。正反対の日向と影山ですが、二人ともバレーボールに対する情熱は本物です。どちらもバレーボールが大好きだからこそぶつかり合い、いがみ合い、時には殴り合いにまで発展します。

そんなデコボココンビの、それぞれの持ち味を生かした「トスを見ない」クイック攻撃(通称・変人速攻)は、物語が進むごとに洗練され、強敵たちと渡り歩くまでに成長します。

しかしながら、日向と影山の成長は技術面だけではありません。独りでは乗り越えることのできなかった中学時代のトラウマの克服や、ずっと越えられなかった存在を、相方と一緒に越えたり。葛藤の分だけ成長があります。

主人公の二人だけではなく、部員や指導者、マネージャーまでもが成長する。それが烏野高校バレー部なのです。

緊張感溢れる演出

この一点を落とせば、負ける。

そういったときの描写が「すごい」としか言いようがありません。コートに立っているはずなのに、真後ろに崖がある。選手が感じている緊張感が読んでいて伝わってくるため、ページを捲っていいのか悩んでしまう場面もあります。公式戦は特に、後がない分恐怖も大きいので、読み手にも負担がかかってしまう場合がありますよね。
それでも、烏野高校バレー部のメンバーには素晴らしい人物がいます。仲間にも、読み手にも喝を入れてくれるので元気を貰えます。

繋ぐのはボールだけじゃない

バレーボールは、ボールを繋ぐ競技です。ボールを落とさなければ負けません。常に上を見るスポーツであり、当然チームワークが重要になってきます。
『ハイキュー!!』の繋がりは部内のメンバーだけではありません。協力を惜しまず、何かあったら駆けつけてくれる地域の人たちや、日々の成長を見守っていてくれる家族、別の学校でありながら共に高みを目指すため励まし合うライバルたち。
コートの上で競技をする選手だけではなく、関わりのある人物全員と、何らかの繋がりがあります。
一人ではできない競技だからこそ、ボールを繋げるスポーツだからこそ、人と人との繋がりが強調され描かれているのでしょう。

魅力あふれる登場人物たち

『ハイキュー!!』では、登場人物の内面がとてもリアルに描写されています。家族とぎくしゃくしている現代っ子や、後輩の才能に嫉妬してしまう先輩、重圧に潰され悔し涙を流す選手など、一人ひとり悩みは違います。そしてそんな悩みを吹き飛ばしてしまうような、かっこいい先輩もいます。

 

めちゃくちゃかっこいい烏野2年生の名言

 

コートのこっち側にいる全員もれなく味方なんだよ!下手糞上等!迷惑上等!足引っ張れ!それを補ってやるためのチームでありセンパイだ”(312話 田中龍之介)

 

心配することなんか何も無ェ!!皆前だけ見てけよォ!!背中は俺が護ってやるぜ!”(541話 西谷夕)

 

こんなに素敵なことを言ってくれる先輩がいるって幸せですよね。

この二人、相手の立場や状況を鑑みて優しい言葉をかけるというタイプではありません。思ったことをストレートに表現する、裏表のない人たちなのです。田中と西谷という稀有な性格の持ち主が言うからこそ、後輩として必死について行こうと思えるのでしょうね。

大人になってくると自分を気に掛けてくれる人の存在は少なくなりがちです。かっこいい先輩がいてくれたら、もしかしたら自分も誰かに優しくなれるのではないかと夢想してしまいます。

『ハイキュー!!』は「後輩ができた方」に読んでほしい作品です。

かっこいい先輩の代表でもある田中や、悪い人ではないけれど後輩に悪影響を与えてしまった登場人物もいます。

バレーボールという競技を楽しむだけではなく、登場人物たちの精神面の揺れ動きを感じ取ってみてください。もし先輩の立場だったら、もし後輩の立場だったら、どう繋げていけばいいのだろうと考えるきっかけを与えてくれるでしょう。

 

リユースブックストアでは「ハイキュー  コミックセット」をはじめとするコミックセットを買取致しております。

 

読み終わった本などがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

 

 

おすすめの記事