買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。

本日リユースブックストアで「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り (岩波少年文庫)」を買取致しました。

映画も話題に!壮大なスケールを描いた冒険ファンタジー作品 

壮大なスケールと夢のある冒険ファンタジーとして人気を誇るナルニア国物語シリーズ。ディズニーで映画化され綺麗で迫力ある映像作品となり話題にもなり、角川つばさ文庫、光文社古典新訳文庫などからも新訳でのナルニア国物語が発売されております。喋るライオンや、多くの個性豊かな架空の動物、一丸となって悪に立ち向かう勇敢な子どもたちの姿に感動し、物語に引きこまれる人も多い作品。

最初に刊行された「ライオンと魔女」のあらすじをご紹介。

田舎に戦乱を避け疎開してきたペベンシー家であるピーター、スーザン、エドマンド、ルーシィの4人の兄弟達。疎開先である学者先生の古い屋敷を探検する事になった兄弟達は空き部屋にあった衣装ダンス(クローゼット)に入るが、そこは白い魔女が支配するナルニア国という名の別世界。正義のライオン・アスランと共に子供達がナルニアを救うために壮大な冒険を繰り広げていく。

 刊行順は、

1巻【ライオンと魔女】(1950年)、第2巻【カスピアン王子のつのぶえ】(1951年)、第3巻【朝びらき丸 東の海へ】(1952年)、第4巻【銀のいす】(1953年)、第5巻【馬と少年】(1954年)、第6巻【魔術師のおい】(1955年)、第7巻【さいごの戦い】(1956年)となっています。

時系列順で読みたいと言う方は

6巻【魔術師のおい】、第1巻【ライオンと魔女】、第5巻【馬と少年】、第2巻【カスピアン王子のつのぶえ】、第3巻【朝びらき丸 東の海へ】、第4巻【銀のいす】、第7巻【さいごの戦い】の順番で読むと良いでしょう。

刊行順、時系列順どちらで読んでも十分に楽しむ事ができ、違った楽しみ方を味わえますので、一度刊行順で読んだ方は時系列順、時系列順で読んだ方は刊行順に読んでみてはいかがでしょうか。ロードオブザリングが好きな方にも人気の作品となっておりますので是非読んでみて下さい!

 リユースブックストアでは「「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り (岩波少年文庫)」をはじめとする児童書を買取致しております。

読み終わった本などがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事