買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。

本日リユースブックストアで「ウエカツの目からウロコの魚料理」を買取致しました。

 

魚料理で大切なのはレシピじゃなくて基本知識とテクニック

 

最近では料理を趣味にする男性も増え、女性より料理が上手な方も増えてきましたね。男性の料理姿もカッコよくキュンとしてしまう女性も多いのではないでしょうか。

また、結婚してからも家事や育児が忙しいママにとって料理を作ってくれるパパは本当にありがたいもので、理想の男性は料理が出来る人という女性も増えてきているようです。

 

旬の食材は美味しく、スーパーにも良く陳列されるようになり、大きなポップも目にも止まるのでついつい手が伸びてしまいますよね。

春になったらサヨリ、夏になったらアユ、秋になったらサンマ、冬になったらブリ。

魚も旬になると食べたくなる食材の一つです。

しかし、魚の調理って生臭さが取れないし難しいと毛嫌いする人も多いようです。

レシピを参考にしても上手くいかないとお悩みの方は東京書籍の「ウエカツの目からウロコの魚料理」がおすすめ。

 

著者である上田勝彦さんは長崎大学水産学部在学中から漁船で働き、水産庁に入庁。

退職後はウエカツ水産の代表取締役など水産業を応援するために家庭での魚の消費量をあげる取り組みや魚の魅力を伝える活動を行っています。

料理教室だけではなく、雑誌、ラジオ、テレビとメディアで活躍し話題沸騰になりファンの方も多くいらっしゃるでしょう。

そんな彼が本格的に著作を務めたのが「ウエカツの目からウロコの魚料理」。

本書は、今日のおかず何作ろう、余った材料で何が作れるかなといった時に使うレシピ本とは一味違います。

この本が教えてくれるのは魚をより美味しく食べるためのありとあらゆるテクニック。

本書でも彼は、「この本の役どころは何かといえば、魚の料理を“しくみ”でとらえてもらうための学習・実践ガイド」と語っています。

 

魚は生臭いと言われているけれど、本当はお肉よりも魚肉は臭みがないそうで、そこで大切になってくるのが下処理。

下処理の方法ももちろん載っているのですが、驚くのが包丁を持つ姿勢や道具選び、包丁の握り方まで紹介されているという所です。魚をさばくと身がボロボロになってしまったりとコツを掴むまで結構難しいですよね。そういった細かな点が積み重なって魚料理を避けているという方にもおすすめの1冊。

そして、一番本書を手に取っていただきたいのがレシピ本を使っても魚料理の味に納得がいかないという方です。

レシピ通りに作るから美味しくなるとは限らない。素材と調味料をきちんと組み合わせることが「おいしさ」を作る秘訣だそうです。

魚と言っても味も香りも一つ一つ異なり、調味料もそれぞれ味に特徴があります。

食材や調味料の役割や特性を知る事がおいしい料理を作るために大きなポイント。

その知識を得る事が出来るのが「ウエカツの目からウロコの魚料理」なのです。

酒や塩といった調味料のしくみや使い方、焼く、煮る、揚げる、蒸すといった調理の特徴やおいしく調理するコツも解説してくれています。

上田勝彦さんの教えてくれるテクニックやポイントを知る事で、レシピブックを見ても上手に作る事が出来なかった魚料理美味しくなるでしょう。

4章の魚の個性いろいろでは旬の時期に加え香りや味の特徴や目利きの方法まで紹介してくれているので、魚選びにもお役立ち。

また、本書で紹介されているレシピは手の込んだ魚の料理本よりも、シンプル且つ簡単で美味しいと評判です。

 

往来のレシピ本とは違った視点で美味しい魚料理をレクチャーしてくれるので、魚料理に失敗続きでお悩みの方、忙しくて魚料理を諦めていたママ、奥様のために魚料理を作ってあげたい旦那様。様々な理由で魚料理に手を付けられなかったという方は是非「ウエカツの目からウロコの魚料理」を参考にチェレンジしてみて下さい。

 

目次

 

第1章 サカナ道入門

(魚的ヨロコビー奇跡のニッポン/“何を選んで食べるか”は“国”のゆくえを決める大切なこと ほか)

第2章 魚料理は下処理で決まる!

(ウエカツ式ー基本5つ道具の選び方と便利グッズ/我流はダメよー料理のための基本姿勢 ほか)

第3章 魚がおいしい5つのしくみ

(調味料のしくみー調味とはなにか/合理性と味わいー「生」ということ ほか)

第4章 魚の個性いろいろ

(マグロの体を味わいつくす/クロマグロー天下無双の赤身の王者 ほか)

第5章 春夏秋冬、この魚のこの逸品

(塩イワシ/ホウボウの湯引き和え ほか)

 

上田勝彦が紹介する美味しい食べるための魚知識は「うまい! はやい! ヘルシー! 毎日さかな生活 (趣味どきっ!)」、「旬を愉しむ魚の教科書 (TJMOOK 知恵袋BOOKS)」「カラー版 旬の魚カレンダー (宝島社新書)」でも知る事もできますので、もっともっと美味しい魚料理を堪能したい方は合せてチェックしてみて下さい。

 

リユースブックストアでは「ウエカツの目からウロコの魚料理」をはじめとする育児・くらし本を買取致しております。

読み終わった本などがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事