買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。

本日リユースブックストアで「はじめての統計学」を買取致しました。

 

これから統計学を学ぶ人におすすめのファーストワークブック

 

統計という言葉は良く日常でも聞く言葉ですが、説明しろと言われると意外と難しい。

広辞苑を見てみると「集団における個々の要素の分布を調べ、その集団の傾向・性質などを数量的に統一的に明らかに すること。また、その結果として得られた数値。」と記載があります。

統計はただデータや集計を取るだけでなく、数字に秘められた背景を知り分析する事で情報へと変わっていき、改善策や対処法など見いだせ、私達の快適な暮らしのためにも大いに活躍してくれるものでもあります。

統計の身近なものですと家系簿。

月にいくら出費しているかというのも統計の一種であり、支出項目はいくつあって、項目別にいくらかかっているのか、この数字も統計にあたります。

どの費用に大きくお金を使っているか、無駄がないか確認する事で節約ができ将来のための貯蓄に役立ちますよね。

家系簿は家計の問題点を明らかにして、お金の使い方を見直す事の出来る統計と言うわけです。

家庭内だけではなく、会社、市町村、都道府県、国でも統計は活用され、経済や社会状態を知る事が可能。

失業率はいくつか、子供の数は何人かなど統計を元に政治対策がなされ、会社経営の為だけではなく日本国民の暮らし改善や安全を守るものとしてとても活躍してくれています。

そのため、日本で行われる国勢調査、商業統計、労働力調査、家計調査などは、私達と関係がありとても重要な統計なのです。

 

統計学は医療、建築、IT、コンサルティングなど様々な職種や職業に需要があります。

資格を取るために統計学が必要な検定も多くあり、統計学は就職や転職にも有利である事から資格を取得したいと考える人も多いようです。

また、仕事についている人でも統計学の基礎を知り情報を見直す事で視野が広がり、仕事へのスキルアップに繋がるので統計学に挑戦してみるのもおすすめ。

しかし、中には「統計とは何か」という疑問からスタートする人もいるでしょう。

数学が苦手な人、文系で全くの経験ゼロの人におすすめなのが日本経済新聞社出版の

「はじめての統計学」。

第1章での「統計学はどのような学問か」というところからスタートする本書は、統計学の基礎知識をじっくり覚えられるテキスト。

また、暗記ではなく解く事が必要とされる数学では、実際に自分で解いて知識を付けるのが一番。

本書は練習問題が随所に収録されているワークブックなので、解いていくうちに自然とステップアップしていく事が出来ます。

ファッション、ゲーム、パソコンなど勉強だけではなく、どんな事にしても最初に選ぶべき解説書は「そんな事も分からないの」と言われるくらい基礎中の基礎を学ぶ事が出来る書籍。「はじめての統計学」は難しく感じてしまう箇所はできるだけ平易に書いてあり、タイトル通り「はじめて」の役割を果たしている良書と言えます。

身近にある統計はとても簡単なものですが、実際に使うとなると雲泥の差がある程レベルが違うもの。

数学の苦手意識から「難しそう」「自分には無理だ」と感じてしまう人は、数字アレルギーをなくすために最初はなんとなく進めていく事も大切。無理に全部の章をマスターしようとすると心が折れる原因にもなりかねないので、理解に苦しんだらページを戻ってみる、マスターするまで同じ章を勉強するといった断念しない進め方も大切。

もちろん勉強するにあたり参考書や解説書は複数あれば知識を無限に広げる事が出来ます。

ベストセラーの東京大学出版「統計学入門 (基礎統計学)」や、親しみのある漫画を用いたオーム社「マンガでわかる統計学」、本書をマスターした後はダイヤモンド社「完全独習 統計学入門」や東京図書「入門はじめての統計解析」がおすすめですよ。

 

目次

 

第1章 統計学はどのような学問か

第2章 標本分布の特性値

第3章 確率と確率分布

第4章 一様分布と正規分布

第5章 標本平均の分布と母平均の推定

第6章 t分布と母平均の推定

第7章 χ2分布と母標準偏差の推定

第8章 仮説検定

第9章 相関分析

第10章 回帰分析

 

「はじめての統計学」が発売されたのは20年前以上でありますが、今でも愛用されるロングセラーの統計テキスト。解説書などは昔のものだと情報が古いと敬遠されがちですが、文字ばかりで複雑な数式がぎっしりと書かれた最新のものよりはるかに簡潔であり、ポイントを抑え分かりやすく書籍。

そして、著者である鳥居泰彦の熱心さや温情が伝わってくるのが魅力の一つでもあり、統計学を本気で学びたいという人を応援する気持ちがとても良く伝わってくるので、心が折れそうになった時のメンタル面でも支えてくれるでしょう。

「〇週間で覚えられる!」「簡単に覚えられる!」こんな安易な広告文句で選ぶのではなく、「はじめての統計学」を選ぶ事が賢明な選択と言っても過言ではないくらいおすすめの一冊。

ファーストブック選びに悩んでいる統計学初心者の方や、今使っている統計学本に不満がある人は是非手に取ってみて下さい。

 

リユースブックストアでは「はじめての統計学」をはじめとするビジネス書を買取致しております。

読み終わった本などがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事