買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。

本日リユースブックストアで「「思考」のすごい力」を買取致しました。

人間の思考の力を解説!遺伝子の新たな事実を知れる一冊

本書は、ユーモアを交えた文章で人間の思考の力について、生物学や遺伝子・量子物理学などの定義について解説されていますが、リラックスしながら読み進める事ができるかもしれません。ただし、難しい表現で書かれている部分もため、理屈で捉える方には唸らせられる内容となっています。しかしながら、高校生レベルの生物学の知識があれば、2度、3度読み返すことで筆者が伝えようとしている理論も解釈することができるでしょう。

遺伝子解析(ヒトゲノム計画)の結果、ヒトの遺伝子数は25000個と線虫より1000個多いだけという事実が解明され、今まで論じられていたDNAが人間の複雑さの源という学会のDNAボス主義といった通説も崩壊してしまいます。DNAがある核の部分は、タンパク質を生成する工場の様なもので、実際には細胞膜が、細胞を命令する役割を果たし、脳から神経系統を通して意思を伝え細胞の動きを変えるといった、人間の身体の仕組みの凄さ伝える内容となっています。

本書で頷ける内容は、現在の医学では、がんや心血管障害の患者のうち、遺伝子が原因となっている患者数はわずか5%に満たない事が発表されています。そのため、がん促進遺伝子や、がん抑制遺伝子の起因となる物は、遺伝子外部の環境要因が原因とされています。環境要因は、食生活やストレスといった生活習慣やライフスタイルなどによる働きから起きる症状でもあるとされています。思考の力について興味がでた方は、是非一度、本書を一読していただきたいものです。

生命の神秘やDNAについて、いままで知っていた知識の違いに驚愕すること間違いありません。ぜひご覧になってください!

リユースブックストアでは「「思考」のすごい力」をはじめとするビジネス書を買取致しております。

読み終わった本などがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事