ヒカルの碁買取日記をご覧いただき誠にありがとうございます。

本日リユースブックストアで「ヒカルの碁 コミックセット」 を買取致しました。

ヒカルの碁は週刊少年ジャンプで1999年から2003年まで連載されていたマンガです。
タイトルの通り囲碁をテーマにしたマンガで、それまで囲碁に興味のなかった多くの若者が囲碁を知るきっかけとなった作品です。また、世界中で翻訳出版されたことで、ヨーロッパやアメリカなどにも囲碁を広めました。
原作は、ほったゆみ。作画は「DEATH NOTE」でも知られる小畑健です。

ある日小学6年生の進藤ヒカルは、祖父の家にあった古い碁盤を目にします。その碁盤には、血の跡のような奇妙なシミがついていました。しかしこのシミは、普通の人の目には見えないものでした。ヒカルが不審に思っていると、突然頭の中に声が響いてきます。その声の主は、碁盤に宿った平安時代の囲碁棋士、藤原佐為(ふじわらの さい)。佐為は生前の未練から、もっと囲碁を打ちたいと思っていました。そこでヒカルにとり憑き、再び囲碁を打つ生活を送るようになるのです。
最初は囲碁にまったく興味がなかったヒカルですが、佐為と囲碁を打つうちに、囲碁の面白さを知っていきます。自分の力で倒したいと思える塔矢アキラなどのライバルにも出会い、ヒカルは棋士として腕を磨いていきます。当初は囲碁教室や部活動で囲碁を打っていたヒカル。その戦いの舞台は、だんだんとプロ棋士の世界に移っていきます。
インターネットで囲碁を打つシーンがあるのもヒカルの碁の面白さのひとつ。連載当時はインターネットが普及し始めた時代、ということもあり、読者の目には斬新に映りました。顔の見えないインターネット上の対局。だからこそ実力のある謎の棋士に対して、「これはいったい誰なんだ」という疑問が生まれます。こうしたトリックをうまく取り入れたストーリー展開も面白いです。

ヒカルの碁は全23巻で、物語を大きく2つに分けることができます。
ひとつは第17巻までの佐為編。ヒカルが佐為と出会い、そして別れるまでを描いています。最初は碁石の持ち方も知らなかったヒカルが佐為を通して囲碁の魅力に惹かれていく。それは読者がヒカルの碁を通して囲碁の面白さを知っていく感覚に似ています。

注目したいポイントは、ヒカルの最大のライバルである塔矢アキラとの戦い。塔矢は、佐為の力を借りて戦っていたヒカルが、自力で囲碁を打ちたいと思えるきっかけとなった人物です。
ネットやリアルで何度も対局することになる2人。塔矢は当初、ヒカルの中にいる佐為の囲碁に衝撃を受けます。そしてヒカルのことをライバル視するようになるのです。しかしヒカルは自分の力で戦いたいと思うようになり、次に塔矢と対局したときは自力で囲碁を打ちます。このころのヒカルはまだまだ囲碁を始めたばかりの初心者。塔矢はヒカルのあまりの弱さに落胆します。そして次はヒカルが、塔矢を追い越そうと努力していくのです。
2人のライバル関係はまるでスポーツもののように熱く、どちらも応援したくなります。

また、ヒカルと佐為の関係にも注目です。最初はただ囲碁が打ちたい一心でヒカルに囲碁を打たせていた佐為。ヒカルもただ佐為に言われるがままに打っていました。しかしヒカルが囲碁を覚えると、2人はお互いを練習相手とし、互いに囲碁にのめりこんでいきます。時に師弟のように、時に兄弟のように、そして時に友人のように接するヒカルと佐為。そんな2人だからこそ、佐為編のラストシーンを初めて読んだときは、その切なさに涙があふれました。

もうひとつの物語は、23巻までの北斗杯編。
18歳となったヒカルが世界の棋士たちに挑みます。かつてライバル同士だった塔矢と同じチームで、日本代表として大会に出場するという展開に胸が熱くなります。
棋士として大きく成長したヒカル。しかしその中には常に佐為がいます。一人になっても佐為のことを想い、佐為と一緒に囲碁を打っているのだと思わせる描写がたまりません。

ヒカルとともに成長していく塔矢など、どのキャラクターも魅力的。個人的にはヒカルがネット碁で注目されるきっかけをつくった和谷義高(わや よしたか)にも注目していただきたいです。
和谷はヒカルより一つ年上の兄貴肌。何かとヒカルの面倒を見てくれます。大人びたキャラクターも多い中で、和谷は等身大の少年といったキャラクター。対局に一喜一憂しながらも腕を磨いていく和谷に、共感できる部分も多いはずです。

ヒカルの碁はマンガだけでなく、アニメやゲームなどさまざまな媒体で展開された作品でもあります。
特に翻訳されたアニメやマンガをきっかけに、世界各国の少年少女が囲碁に興味を持ちました。現在囲碁の世界で活躍しているプロ棋士の中にも、「ヒカルの碁をきっかけに囲碁を始めた」という人がいるほどです。
囲碁がテーマの作品ではありますが、最初から囲碁を知っている必要はありません。ヒカルと一緒に囲碁のルールなどを覚えていくことができるので、ぜひ気軽に読んでいただきたい作品です。少年の成長ものマンガとしても、とても読みごたえがありますよ。

リユースブックストアでは「ヒカルの碁 コミックセット」をはじめとするコミックセットを買取致しております。

読み終わった本などがあればぜひリユースブックストアにお持ちください!

おすすめの記事